Webサイトの高速化を無料で診断

あなたのWebサイトを最速な状態へ。

あなたのモバイルページは
1点で「低速」です。

Google PageSpeed Insightsより

Web高速化エンジン「WEXAL® Page Speed Technology」と 戦略AI 「David」による最適化で
あなたのモバイルページは
スコアが1700%向上
表示速度(First Contentful Paint)が85%向上
転送量は81%削減 しました。

Google PageSpeed Insightsより

主要な改善項目と改善結果

あなたのサイトの改善項目と「WEXAL®」による改善結果です。「改善項目に対する対策」を参考に、改善効果が高いものから対応していくと良いでしょう。

# 現サイト(短縮できる時間) 高速化済サイト(短縮できる時間)
適切なサイズの画像 7.050秒 0.150秒
4600%改善
オフスクリーン画像の遅延読み込み 15.450秒 0.900秒
1617%改善
レンダリングを妨げるリソースの除外 13.877秒 1.110秒
1150%改善

改善項目に対する対策

改善項目としてあげられることが多い項目に対する対策をまとめました。軽量化することとファーストビューの表示に必要ないものを遅延読み込みさせることが高速化のコツです。

世代フォーマットでの画像の配信

画像をWebPに代表される次世代フォーマットに変換して軽量化しましょう。ブラウザによって対応しているフォーマットが異なるので適切に出し分けをする必要があります。

適切なサイズの画像

サムネイルなど、大きな画像をCSSで縮小して表示していたりしませんか?適切なサイズで画像を配信して読み込み時間とデータ量を削減しましょう。

オフスクリーン画像の遅延読み込み

ファーストビューで表示されない画像は遅延読み込みしましょう。

効率的な画像フォーマット

画像の性質にあわせて適切なフォーマットを選択しましょう。

レンダリングを妨げるリソースの除外

ファーストビューの表示に必要のないCSS、JavaScriptは遅延読み込みさせましょう。

使用していない CSS を削除してください/JavaScript の削除

CSSやJavaScriptをどのページでも同じように読み込んでいませんか?必要なファイルだけを読み込む、使われていないルールを削除する、などしてデータ量を削減しましょう。

高速化はAIにおまかせ!

改善項目に挙げられるような対策を常にすべてのページに対して行い続けるのはとても大変です。
表示の高速化はAIに任せてコンテンツの作成に集中しませんか。
Web高速化エンジン「WEXAL® Page Speed Technology」と 戦略AI 「David」は自動でそれぞれのページに最適な高速化を行います。

WEXAL® の導入についてのご相談は無料で承っております。

導入について無料で相談する

個人、検証でのご利用は無料。

「WEXAL® を無料で試してみる

Google PageSpeed Inshighs改善レポート

Google PageSpeed Inshighs スコアとラボデータの改善レポートです。

Before

現サイト

1
First Contentful Paint 16.5 秒
Speed Index 22.8 秒
Largest Contentful Paint 43.4 秒
Time to Interactive 51.4 秒
Total Blocking Time 2,060 ミリ秒
Cumulative Layout Shift 0.538
After

高速化済みサイト

18
First Contentful Paint 2.5 秒 (-14.0秒)
Speed Index 10.9 秒 (-11.9秒)
Largest Contentful Paint 14.9 秒 (-28.5秒)
Time to Interactive 14.9 秒 (-36.5秒)
Total Blocking Time 1,390 ミリ秒 (-672ミリ秒)
Cumulative Layout Shift 0.527 (-0.011)

※ドメインに依存する項目は正常に表示されないことがあります

コンバージョンシミュレーション

  • 売上が140% UP
  • ページビューが154% UP
  • コンバージョンが98% UP
※表示速度をFirst Contentful Paintの数値として以下のデータをもとに算出しています。効果を保証するものではありません。
  • 表示速度が0.1秒遅くなると売上が1%減少する。(Amazon)
  • 1秒遅くなるとページビューが11%下がる。
  • カスタマー満足度が16%下がる。
  • コンバージョン率が7%下がる。(Aberdeen Group)

Google PageSpeed Inshighsではどこに注目する?

2021年からランキングの要因となる「Core Web Vitals(コア ウェブバイタル)」に注目しましょう。

速度の指標:LCP(Largest Contentful Paint)

ユーザーがページで最も有意義なコンテンツをどのくらい速く見ることができるかを測定します。画像だけではなく段落(文章)も対象となります。このページがユーザーにとって「有意義」であることを最速で伝えましょう。

応答性の指標:FID(First Input Delay)

ユーザーが最初にページを操作できるまでの時間です。ユーザーが次のアクションにスムーズに移れるようにしましょう。操作ができなければユーザーは立ち去ってしまうでしょう。

視覚的安定性の指標:CLS(Cumulative Layout Shift)

レイアウトのずれの量です。ボタンを押そうとしたら後から読み込まれたコンテンツのせいで違うリンクをクリックしてしまった、ということはありませんか?ユーザーを結果的に騙すような動きは減点対象となります。

指標が変わっても安心

Googleの指標も世の中の動きに合わせて変わっていきます。そのたびにサイトを修正するのは大変です。
表示の高速化はAIに任せてコンテンツの作成に集中しませんか。
戦略AI 「David」は常に進化して新しい指標にも対応します。

WEXAL® の導入についてのご相談は無料で承っております。

導入について無料で相談する

個人、検証ライセンスのご利用は無料。

「WEXAL® を無料で試してみる

ウェブページの読み込みを高速化するために何をすればいいのでしょうか。ウェブページの高速化では、以下の 3 つの要素が重要となります。

  1. 表示にかかる時間(目標は 3 秒未満)
  2. リクエスト数(目標は 80 回未満)
  3. ページ容量(目標は 1MB 未満)
[ブログ記事] モバイルサイト表示速度の重要性と高速化の方法 より引用

軽量化の指標 データ量とリクエスト数

リクエスト数やページの容量も高速化の重要な指標です。目標値であるリクエスト数80回未満、ページ容量1MB未満に近づけましょう。

# DomContentLoaded 転送量 リクエスト数
現サイト
2.530秒
10.573MB
270
高速化済みサイト
1.617秒(-0.913秒)
1.971MB(-8.602MB)
117(-153)

あなたのサイトに合わせた高速化をご提案

他のページがどうなるかみてみたい、アクセス集中時に表示が遅くなる、など高速化のお悩みをお気軽にご相談ください。

サイトの種類や状態によって高速化の手法は少しづつ異なります。
あなたのサイトに合わせた高速化ソリューションをご提案します。

ご相談は無料で承っております。

サイトの高速化について無料で相談する