Webサイトの高速化を無料で診断

あなたのWebサイトを最速な状態へ。

あなたのモバイルページは
47点で「低速」です。

Google PageSpeed Insightsより

「ONIMARU」の最適化で
あなたのモバイルページは
スコアが36%向上
表示速度(First Contentful Paint)が60%向上
転送量は41%削減しました。

Google PageSpeed Insightsより

47
64
				

Core Web Vitals

ウェブに関する主な指標の評価: 合格

Largest Contentful Paint(LCP)

指標の評価 : 合格

First Input Delay(FID)

指標の評価 : 合格

Cumulative Layout Shift(CLS)

指標の評価 : 合格

						

					

Core Web Vitals Before after

対象となるページのCore Web Vitalsに関する指標の最適化サイトとの比較

Largest Contentful Paint

Largest Contentful Paint
Before 4.2 s
After 1.5 s

Total Blocking Time

Total Blocking Time
Before 740 ms
After 1,140 ms

Cumulative Layout Shift

Cumulative Layout Shift
Before 0.002
After 0.002
First Input Delayの評価には実際のユーザーのアクセスが必要となるため、相関性が高いTotal Blocking Time (合計ブロック時間、TBT)を指標としています。

				

パフォーマンス


					

Performance Before After

First Contentful Paint

First Contentful Paint
Before 3.3 s
After 1.3 s

Speed Index

Speed Index
Before 4.8 s
After 2.4 s

サーバ応答時間

Time To First Byte Before After

Time To First Byte
Before 315ms
After 296ms
					

以下のグラフは日本の約29万のWordPressサイトのサーバー応答時間を調査した結果の分布です。とくにWordPressサイトでTTFBが2秒以上の場合、サーバの速度やアプリケーションの処理に何らかの問題がある可能性があります。

データ量とリクエスト数


				
# 転送量 リクエスト数
オリジナルのサイト
1.472MB
260
最適化済みサイト
0.874MB( -0.598MB)
226( -34)

重要指標のバランスから課題を探す

右側の速度の指標が低い場合はサーバに、左側のレンダリングの指標が低い場合には画像などのリソースやレンダリングに課題が多くある可能性があります。

主要な改善項目と改善結果

「PageSpeed Inshighs」の「改善できる項目」の中から「ONIMARU」での改善効果の高かった項目をピックアップしました。この結果を参考に改善効果が高いものから対応していくと良いでしょう。

# オリジナルのサイト(短縮できる時間) 高速化済サイト(短縮できる時間)
使用していない CSS を削除してください 2.520s 0.120s
2000 % 改善
テキスト圧縮の有効化 3.630s 0.510s
612 % 改善
レンダリングを妨げるリソースの除外 2.102s 0.296s
610 % 改善

高速化はAIにおまかせ!

改善項目に挙げられるような対策を常にすべてのページに対して行い続けるのはとても大変です。
Web高速化エンジン「WEXAL® Page Speed Technology」と戦略AI 「David」は自動でそれぞれのページに最適な高速化を行うので、コンテンツや施策などに集中できるようになります。

WEXALについて

WEXAL® の導入についてのご相談は無料で承っております。

導入について無料で相談する

個人、検証でのご利用は無料。

「WEXAL®」を無料で試してみる

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)に注目

2021年6月からコアウェブバイタル(Core Web Vitals)が検索のランキングの指標に加わりました。

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)はWebのユーザー体験に関する指標でもあるため、対応することはユーザー体験の向上につながり、ユーザー体験の向上はPVや回遊率などのコンバージョンの向上につながります。

そのため、特にメディアや広告で収益をあげているようなサイトにとって「収益に直結する」重要な変化として注目されているのです。